2009年04月20日

前田憲男ピアノアレンジ『West Side Story』

 前田憲男 ピアノアレンジ『West Side Story』という、ピアノ曲CDを作成しようという企画から始まった。
 ミュージカル『West Side Story』はバインシュタイン作曲の数々で構成されている。アレンジ候補は12曲ある。・ AMERICA・ COOL・ I FEEL PRETTY・ JET SONG・ MAMBO・ MARIA・ ONE HAND ONE HEART・ SOMETHING'S COMING・ SOMEWHERE・ TONIGHT・ A BOY LIKE THAT / I HAVE A LOVE・ JUMPの12曲である。
 これらの曲のアレンジ仕上がりに前田憲男先生は言った。「これは自分でも弾くのは難しい」と。譜面の読めない僕には幾何学的な絵のようにしか思えないのだが・・・。
 ともあれ数人の技術力豊かなクラシック系のピアニストに弾いていただいた。曲の中には、あたかも三本の手で弾いているような神業的な譜面もある。両手の間に、もう一本の第三の手を入れて、その手の弾く音を、左右の手に振り分けて弾くと言うものだ。そして更にスイングするという。これがなかなかクラシックピアノを学んできた方々には、まして難しいらしい。
 いわゆるピアノ演奏家には、その前田憲男先生の意図する音世界が見えてこないのである。難しいのは承知の上だ。僕は羽田健太郎氏に演奏を、と希望を言ったこともある。だが、残念なことに惜しくも、その羽田健太郎氏は天国に引越しまう直前であった。
 さらに問題はあった。このCD化の権利の許可を受けるために、アメリカのバインシュタイン財団に申請をしなければならない。日本での権利の代行している会社に、その申請書を英訳していただき申請をしたのだが、未だに返答がない。
 それではステージで、これらの作品を公表しようということになった。前田憲男先生に僕は、先生独自のコンサートとして開催することを提案した。前田憲男先生には気負いはない。つねに人も求めるものに持てる最大限の力を発揮するという真摯な方である。ご理解していただける方がいれば・・・、ということでステージの企画がスタートした。
 それが第一回Grand Seiko presents前田憲男コンサート、「前田憲男 ピアノアレンジによる『West Side Story』への想い」である。
posted by 池田和一郎 at 13:06| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

たしかなピアノとの出会い

 あるとき前田憲男アルバム「ピアノ+1」という、ピアノとベースだけのCDを聴いた。その中に「恋のアランフェス」(ロドリーゴのアランフェス協奏曲第4楽章)がある。
 それは僕の高校一年の時に求めて聴いた曲だった。当時のレコード、その曲は定番のギター曲である。誰もが進む解りすぎる道に疑問を感じ、勝手に繊細な青春の傷心に苦しんで、やみくもに独自の希望にもがいていた時代でもある。
 「恋のアランフェス」は、僕の体を駆けめぐる毛細に暴れる血液に、ありえない静かな安らぎを与えてくれた曲だった。その時に求めた感動が、まさに前田憲男のピアノから青春が復活したのである。
 僕にはジャンルを考えて音楽を聴く習慣はない。ポップスであれクラッシックであれ、ジャズであれ、時の世に流れる流行歌であれ、当たり前のことだが、精神に感じるものは感じ、感じられないものは、どうしても苦手である。
 僕は長年、音楽業界でスタッフの仕事をしていた経過もあり、かなりな数のピアニストとも出会い、それらの音楽を聴いてきたつもりである。
 その僕が、僕にとって本物のピアノの音色、歌う心の伝わるピアノに出会ったのである。それが前田憲男のピアノだった。
posted by 池田和一郎 at 12:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

いよいよ、第4回目が近づいてきた

いよいよ来月、5月18日に前田憲男コンサートが開催される。
こんどは、前田憲男先生のピアノの調べがフルで聴ける。
テレビやラジオでは味わえない、生のピアノ歌だ。
posted by 池田和一郎 at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。