2009年10月16日

音楽家前田憲男の残すべき正体

数年の間、音楽家前田憲男の取材に立ち会った。
紙媒体では日経新聞から、旅雑誌や地方タウン誌、ジャズ専門誌を経て、最近では朝日新聞の取材も受けた。
レギュラーである「題名のない音楽会」や「ミュージックフェア」は別として、テレビでは「徹子の部屋」や佐藤しのぶさんの番組。ラジオでは、FM東京の松任谷正隆さんの番組、ニッポン放送のテリー伊藤さんの番組、文化放送の安藤和さんの番組、そして最近では、ラジオ日本の、おもちゃ博物館の館長で有名な北原さんの番組に出演した。
それまで前田憲男先生は音楽番組には数多出演してきた。しかし本人の素顔的な取材に応じることは希だった。それだけに作編曲家前田憲男の名前をご存じの方は多いが、決して一般大衆的ではなかった。
一連の取材を通して音楽家前田憲男の素顔が見えてきた。
あくまでも音楽技術や表現技術などを超えた、前田憲男とは生粋の音楽家なのである。
ピアノが歌うのである。音楽を超えて自然であり、感覚的な人間音なのである。たまに弾くレパートリーの中に「恋のアランフェス」がある。僕の記憶にあるその曲はギター曲でありロドリーゴサウンドである。それが、前田憲男のピアノでは、そのままギターがピアノに置き換わるだけ、感覚はそのままに、わきあがる寂しさに泣けるのだ。
良いと認めたものは良いと、当たり前が芸術的にできる怪物なのである。

来月11月17日のGrand Seiko presents前田憲男コンサート5でも、その音楽空間がこだますると思う。
posted by 池田和一郎 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。