2009年04月20日

前田憲男の三つの輝き

 ステージプロデュースの立場で熟慮して想うことは、音楽家・前田憲男の素晴らしさには三つあるということだ。
 一つは音楽業界での知名度が示すとおり、ジャンルにとらわれない豊かな幅の広い音楽性である。どんな音楽も前田憲男にかかれば、前田憲男の音楽になるのである。かつてある大手着メロ配信会社との提携で、アレンジの妙味のようなイベントをやったことがある。基本は指定された楽曲のアレンジを生で演奏するのである。その中に鉄腕アトムのテーマ曲があった。それは元アレンジに忠実なものであった。先生曰く「良いものは良いのだ」。また、一曲を様々なアレンジで変化させる先生のアイディアもあった。クラシック風から演歌風まで、これが同じ曲かと想われるほど雰囲気が変化する。また楽器の音が足りなければ、そこにいる楽団のメンバーが声を出す。そこに形にとらわれない大地図にいる前田憲男音楽を感じる。
 二つめは前田憲男の人間性である。つねに相手の立場から物事を考える優しさがある。第一に聴衆の眼、演奏家の眼、そして自分の創造眼、これらの三つの眼で音楽の環境をとらえているのだ。それは、大きな絵を描く画家のように背後から全体像を眺めている。だれに対しいても、前田憲男の音楽には押しつけはない。共に楽しむ、共に感じようとする謙虚な世界がある。
 三つ目は、やはり前田憲男のピアノである。そのピアノはオーケストラである。「ピアノは奥が深く広い」と言っていたことがある。50年以上もピアノに触れてきた実感と努力が、そこにまで、ピアノを自由に感じられる要因であろう。それを操り、ご自分の心をピアノで伝える前田憲男という演奏家自信が妙味である。単に記録された譜面に弾かされているのではない、ご自分が、素直に感じた世界を表現しているのである。
 こんどのステージは、それらを体現できるステージになると想う。
 第四回Grand Seiko presents前田憲男コンサート
posted by 池田和一郎 at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。